経堂の歯医者

予防歯科 いつまでも自分の歯で

なぜ、日本人はこんなにも虫歯や歯周病にかかり、歯を失うのでしょうか?

歯科医療の後進国 “日本”

日本では正しいお口の健康管理法である予防歯科の知識が普及していない為に、ほとんどの患者さんが痛くなってから歯医者へ足を運んで、「歯を削り ・詰める(被せる) 」 という対症療法を繰り返します。
その結果、抜歯・ブリッジ・入れ歯を重ねることで80歳の平均残存歯数はわずか8.9本、60%以上の方が総入れ歯になるというのが歯科医療の後進国・日本の現状なのです。

 

今から40年以上前、スウェーデンでは予防歯科という考え方が無く、虫歯も歯周病も悪いところを治すことに終始し、治療後も再発を繰り返して歯を失うという悪循環に陥ってました。このような状況の中、虫歯の罹患率は日本の5倍もあり、3歳児検診においては80%以上の子供が虫歯になっていたのです。

これに対しスウェーデンでは、イエテボリ大学・予防歯科のアクセルソン教授の理論を国家的な歯科医療の方針として採用し、歯における細菌感染をコントロールするために3~4ヶ月ごとに歯科医院で予防歯科を受診することを義務化しました。その結果、わずか6年で3歳児検診の「虫歯発生率を4%」 まで引き下げ、「歯周病による歯の喪失」も殆どなくなりました

また、今まで歯を削り詰める治療で歯を喪失していた30~50代の患者さんが、3~4ヵ月ごとに歯科医院の予防歯科を受診し予防メンテナンスを続けた結果、その後30年間に喪失した歯を1本未満におさえることに成功したのです。

現在、スウェーデンでは80才における平均残存歯数は25本です。

親知らずを除いた歯の本数が28本ですから、ほとんどの国民が若い時と変わらない歯の本数を維持しています。

世界的にみても低い日本の予防メインテナンス受診率

全国民を対象に、予防歯科を国家的な事業として実施した結果、国民の歯の健康意識が高くなり、予防歯科の受診率は成人で90%以上、子供は100%になっています。 
予防歯科ではまず唾液検査を行い、検査結果によって間隔は異なりますが、1年に1回歯科医師に定期健診と歯石取りをしてもらい、それとは別に1年に2回、歯科衛生士に歯科健診とクリーニングをしてもらいます。

予防歯科のために歯科医院に通う人は約80%で、年収200万円以下の層でも50%以上が予防歯科を受診しています。
予防歯科の受診率が2%以下をいわれている日本と比べれば予防先進国のアメリカですが、近年さらに進んだ最先端の予防歯科へのステップアップが 始まっています。

日本における予防歯科の受診率は2%以下と言われており、ほとんどの患者さんが痛くなってから歯医者へ足を運ぶため、歯の喪失の悪循環が止まらないのです。
虫歯も初期の段階では正しい管理を行うことで治癒(再石灰化)の期待が持てますが、ある程度以上進行した虫歯を治すことは出来ません。そのため、やむなく「歯を削り、銀歯などを詰めている」のです。残念なことですが、一度削られた歯は脆くなるばかりでなく、虫歯菌や歯周病菌に冒されやすくなります。そして、治療後再び痛くなり通院すれば、更に歯を削り詰める治療の繰り返しになり、最終的には抜歯して歯を失うのです。

 

治療から予防へ

生涯を通じて歯が残るかどうかは、「悪くなってから歯医者へ行って治療した方」と「悪くならないために歯医者へ行って予防歯科を受診した方」との違いだということが解っています。
大切なのは、3~6ヶ月に1回、定期的に歯科医院で予防メンテナンスを受けることです。
欧米では、歯を削る治療ではなく、この予防歯科を勧めたことによって国民の平均残存歯数が飛躍的に向上したのです。
日本でも、グラフのように予防歯科をしっかり受診された方と受診されなかった方とでは、80歳になったときに約15本もの差がついているのです。

治療から予防へ

歯科医療の先進諸国で実証されている予防歯科は,健康で美しい歯を一生保つという人々の願いを確実に叶えるものです.最新の歯科治療は、一人一人に異なる病気の原因をきめ細かにコントロールすることが可能であり、予防歯科を実践するために必要な検査が唾液の検査です。
この検査は、WHO(世界保健機構)でも採用されている最新の科学的検査法です。
検査の結果が科学的な根拠となり、時間的かつ費用的にムダのない確実な予防が可能になります。

・「唾液検査」では、まず虫歯菌の培養、唾液の量・質・緩衝能力などの検査や、食生活の問診を行います。そして、その結果から下記の10種類の因子に対するデータを導きだし、そのデータをスウェーデン製のカリオグラムという分析ソフトを使用して総合的に分析します。
そして、分析結果を 図のようなレーダーチャートに表すことで、患者さんお一人お一人に分かり易く納得していただける予防のアドバイスを行うことで、生涯にわたる口腔の健康維持を目指します。

・虫歯に関する10因子とレーダーチャートによる分析

①う蝕(虫歯)経験 : 現在の虫歯と虫歯治療済の歯の本数をチェック
②関連全身疾患 : 特に、糖尿病・高血圧・骨粗鬆症等の疾患
および服用中の薬剤をチェック
③食事内容 : 糖の摂取量、食べ物の偏食等をチェック
④飲食回数   : 間食回数、夜食等をチェック
⑤プラーク類   : 磨き残しの量、歯ブラシの状況をチェック
⑥ミュータンス菌のレベル : 虫歯の原因菌の存在量をチェック
⑦フッ化物プログラム : フッ素の使用状況をチェック
⑧唾液分泌速度 : 唾液が適正量分泌されているかをチェック
⑨唾液緩衝能 : 唾液の能力をチェック
⑩臨床的判断 : 喫煙(過去も含む)、歯並び、噛み合わせ等の因子を考慮

 高井デンタルオフィスからのメッセージ

予防歯科は、歯科医療の究極の目的である 「生涯にわたる口腔の健康維持」 を可能にするばかりでなく、「歯を削り・歯を失う」対象療法よりも安価であるという理想の歯科医療といえるものです。 そして、海外の予防先進国の状況は、誰もがほぼ確実に一生自分の歯で過ごすことが可能であることを指し示しているのです。

 

予防歯科に年齢制限はありません。お子様を虫歯ゼロで育てたい、何でも美味しく食べたい、大切な歯を失いたくない、いつまでも美しく素敵な笑顔でいたい・・・、これらの希望を達成するには、遠回りのようですが予防歯科が最短の近道です。

「痛くないから」歯医者へ行かないのではなく、「痛くないうちに」 どうぞご来院ください。

※高井デンタルオフィスは、【NPO法人 最先端のむし歯・歯周病予防を要求する会】のサポート歯科医院です。
https://www.honto-no-yobou.jp

ケア・メインテナンスの内容

歯科医師や衛生士によるクリーニング PMTC
PMTCとは、ひと言で言えば専門家による歯のクリーニングのことです。PMTC専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が、歯の表面に付いた歯石やプラークを特殊な医療機器を使ってキレイに取り除いた後、プラークの再付着を防ぎ歯の質を強くするフッ素を塗布します。奥歯の溝や歯と歯の間の隙間に残りがちなプラーク。セルフケアで十分に取り切れない部分をサポートするのがPMTCです。
当院の臨床結果からも、PMTCには虫歯や歯周病の進行を抑える効果があると判断しています。正しいブラッシングと定期的なPMTCで虫歯や歯周病を防ぎ、いつまでもおいしく食事ができる健康な歯を保ちましょう。
ブラッシングについて
当院では、自宅でのしっかりとしたセルフケアができなければ意味がないと考え、効果的なブラッシング指導を行っています。患者様にご自分の歯肉の状態や噛み合わせを鏡で見ていただき、ブラシの当て方や角度、力の加減などをお教えし、ブラシが歯肉に当たっている感触を覚えて帰っていただきます。
食事や生活習慣の見直しも
当院では、ブラッシング指導とともに食事や生活習慣の指導も行っています。虫歯や歯周病は、バランスの良い食事を規則正しくとる、食べ物をよく噛む、といった日々の生活習慣で予防できます。病気予防に役立つ、食事や生活習慣のポイントをわかりやすくお教えしています。